top of page

田植え

4年ぶりに川上ゼミで田植えに行きました。大地の芸術祭の里、越後妻有の星峠の棚田です。なぜ田植えかというと、音楽のルーツのひとつに農耕歌、つまりは集団活動を推進するためという考え方があります。川上ゼミは風や光の変化をリアルタイムに音として生成し、田植えの効率をアップさせる目的で、ついでに田植えも勤しんできました。

本当にアフターコロナを実感できた週末でした。

情報音楽コースでは先端技術と自然の両方を学び、次世代に繋げるサスティナブルな活動を行っています。


閲覧数:211回

Comments


bottom of page